目指すべき看護師転職

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分は?

子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分は?

子供の発育を支える柱が食物です。

 

 

食べ物があらわす効果は、薬を超えたものになることがあります。

子供が日ごろ何を食べているかが発育に少なからぬ影響を与えます。周囲にいる親を含めた大人たちがそれを頭の置いたうえで子どもを育てなくてはなりません。

食べ物が病気知らずの身体づくりにも強力な役割を果たしますし、頭脳の成長にもとても大事です。寝ることは不安や心配を和らげたり、ストレスをためないようにサポートするのにも有益です。

 

小児については、それと併せて大脳の成育についてもとても大事な分野となります。そのため、たっぷりと眠るということは、成長途上の小児の脳神経を完成形までもっていくためにも欠かせないのです。もし眠りについて重大な障害が起き続けるなら、脳神経が十分に成熟しないという心配も現実になりえます。最近の子というのは背丈がスーッと高くて手も足もヒューと長くて、旧時代の人たちよりクールなスタイルです。

これというのもコメを主とする和的な食習慣から動物性食品の摂取が多い欧州や米国のようなタイプに趣向が変わってきたためです。

一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本ではあまり見なかった病が増加しているのです。

 

そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も増してきている点です。

 

 

 

いつもナーバスだったり、簡単なことで怒り出す子供たちがますます多くなっていると感じています。もちろん現代社会特有のストレスもあると思いますが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。

 

 

 

糖分の摂取が多すぎると低血糖症の症状が現れます。

 

 

 

精製された白砂糖などは吸収が早く血糖値をギュンと上げます。

 

それにストップをかけるため膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖の様々な症状につながります。

幼児の頃は規則正しい生活習慣を身につけさせましょう。床に就くのが夜遅くになれば、朝も遅く起きるようになってくるので、生活時間も段々ズレが生じていきます。それが自律神経のコントロールも乱して、成長する過程において、身体と心の平衡を崩すことも考えられます。3歳ごろの睡眠時間として望ましいのは、PM8時からAM6時までの10時間となります。こんな睡眠習慣が3歳ごろには完成していると素晴らしいです。便秘に悩む子供たちがますます増えています。

 

 

 

便秘がちな子供というのは、ちょっとしたことで疲れ切ってしまったり、集中力の欠如など生活の支障が観察されます。

 

便秘がわかったら早めに解消してあげましょう。

 

 

子ども向けの下剤やイチジク浣腸も入手できますが、そうしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。

できるだけ元々の自力の便通になるよう生活面や食事面で必要なことを備えてあげましょう。海藻は血管の硬化の予防・改善に役立つ不飽和脂肪酸と呼ばれる成分を有します。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。

 

 

これについては子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分です。

海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海のもつ栄養分をふんだんに溜め込んでいるからです。海藻を利用したサラダなどを毎日摂取して、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

 

野菜ジュースでたっぷり摂れるビタミンは、ほかの栄養の作用を下支えする、身体の生命活動のバランスを取るなどの効果があります。

 

全身の細胞を元気にし、免疫システムを強化するために、かなり重要なのです。

 

ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルやキウィやリンゴなどのフルーツに含有されるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。オリゴ糖のシロップが赤ちゃんには不向きな理由