目指すべき看護師転職

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 急増する排便に問題を抱える子

急増する排便に問題を抱える子

近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。

 

スッキリしていない子どもたちほど、疲労感をすぐに感じたり、集中力が散漫になるなど体調不良を訴えます。

スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。子どもでも使える便秘薬は市販されていますが、それは苦しくてしょうがない時の非常手段ぐらいの気持ちでいて使いすぎないことです。

 

自然にスッキリできることを目指し食事と生活習慣の両面から助けてあげることにしましょう。海藻は野菜にも負けないミネラルとかビタミン類などうれしい栄養を豊富に蓄積しています。

 

そして白血球のパワーを引き出し、癌・糖尿病などの病気の予防に役立つ成分があり、免疫を高めるのにうってつけの食べ物です。

水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさん含まれます。

 

 

 

腸に棲む善玉菌をたくさん増やし、大腸の働きを活発にして、疲労回復に欠かせないビタミンB群をどんどん合成させるなど重要な働きをしています。

 

成長途上の子にとっては栄養が偏らないような食事を規則正しい時間にちゃんと食べることが必要です。

といっても、極端に食べ過ぎてしまうと、元来、人が備えるべき栄養素の平衡度合いが崩壊しかねません。とある幼稚園では食べられそうなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自分が食べられる量について実感できるようにさせているようですが、いい方法だと思います。眠ることで嫌なことや不安を忘れられたり、ストレスをなくすためにも大切な働きがあります。まだ成長期の子の場合、それと共に脳の発達に関してもかなりの影響を与えます。

そのようなわけで、十分に睡眠をとるのは、発達途上の子供の脳を完成させる目的でもカギなのです。

もし睡眠障害が長く続くと、大脳がしっかりと発達しないという事態にさえつながります。青汁にたくさん含有されるビタミンは、それ以外の様々な栄養をサポートする、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。体内の細胞のひとつひとつに力を付与し、病気に打ち勝つ免疫力を維持するために、絶対に欠かしてはいけない栄養といえます。小松菜やニンジンなどの野菜類やプルーンやブドウなどの果物から摂れるビタミンは免疫力を高めるための白血球の力を高めます。

 

 

水というのは体内では体液や血液としてあちこちに存在し、なくてはならないものなのです。

ごく僅かの水だとしてもいろんな効能があり、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、潤った肌をつくるのに助けになり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、尿と汗をよく出させることで毒素など不要分の排出につながります。そして疲れやイライラに関してもそれに対する鎮静作用もあります。

 

海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸が多く含まれます。

 

特に有名なDHA(ドコサエキサエン酸)の効果は驚かされます。

 

 

 

これは乳幼児の脳の発達に効果を発揮するとされている栄養です。

 

 

 

海藻が豊かな栄養を有するのは、海の恵みがたっぷりと凝縮、蓄積されているためです。

 

海藻をふんだんに取り入れたメニューを毎日モリモリ食べて、海洋パワーで強い身体をつくりしょう。

 

幼児期にはきちんとした生活のテンポを習慣づけましょう。

 

床に就くのが夜遅くになれば、朝も遅く起きるようになってくるので、生活リズムも少しずつおかしくなっていきます。

それが自律神経のコントロールも乱して、年齢が上がるとともに、心と体の不具合が生じることもあります。

 

2~3歳児のベストの睡眠時間は、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。

このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。子供の便秘でオリゴ糖イチオシの理由