目指すべき看護師転職

人気記事ランキング

ホーム > 妊娠 > DHAは妊娠中に必要だが注意点も

DHAは妊娠中に必要だが注意点も

妊婦と胎児の健康のために不足のないように補っておくべきDHAですが、魚だけから補給しようとするなら蓄積されている水銀が心配です。水銀がおなかの赤ちゃんの成長にも良くない作用をしてしまう可能性があるので、国の方針でも気をつけるよう呼びかけられています。そこで水銀はあまり多くはふくまないと思われる海藻やちゃんと検査を通過したサプリなどを利用するのが良いと思います。月経がある女性は、妊娠とは無関係に貧血はとても多くみられます。

 

妊娠によって、貧血の診断が10人中3,4人にもなります。

 

妊娠期は胎児が自身のための血を造ろうとしてママの体内の鉄分を必要とします。そういった理由で、ママ自身の鉄分が足りなくなることがあります。

 

 

 

このような症状を鉄欠乏性貧血と称されています。

妊娠の後半で起きやすくなります。

 

 

葉酸と言う成分はおなかの赤ちゃんが細胞が増えていくのに無くてはならないものです。足りないと正常に分裂できなくなり、先天的な障害やともすると命さえ危険にさらされますので、葉酸をミスなく補給することが肝要なのです。

葉酸を摂る方法としては、食生活のほかにサプリの使用も人気があります。

 

 

気楽で簡易に必要量を満たせて継続も楽なのがサプリメント(忙しい現代人の必需品、そんな風にいうこともできるかもしれません。)のほうです。

 

夢中で何かをやっていると、つわりの苦しさもいくらかやわらぎます。

 

働いているなら、業務に打ち込むことで忘れられるかも知れません。さらにホビーを楽しんだり、仲間内でペチャクチャ会話(話し方も大切ですが、聞き方はもっと大切でしょう)すると、その瞬間は割と楽に過ごせるかも知れません。

 

外に出るなら気分もよくなるかも知れません。景色の良い場所などで、まったりすればやり過ごしやすくなります。

 

 

貧血ではママ側の心臓がしんどくなり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。

 

 

 

めまいと立ちくらみも症状の一つです。

 

 

 

すぐに疲労を感じ、だるくなったり、青白い顔色になります。

 

妊娠中の貧血が生じたとしても、すぐすぐ赤ちゃんの成長に支障はありません。

しかし、長期に貧血が改善されないままだと、胎児が成長していく上で問題となるかも知れませんし、それに母体の体調も深刻になることがあります。妊婦の多くは便秘気味になります。盛んに放出される黄体ホルモンによって大腸の蠕動運動が弛緩するのと、サイズアップする子宮が腸を押さえつけて、本来のはたらきが難しくなるためにどうしてもスッキリできないのです。

将来に対しての漠然とした心配など精神的な要素が関係している場合もあります。

 

前より活動の時間が少なくなることも便秘を招く要因になります。

 

 

赤ちゃんができるとカラダの代謝は平常時にくらべて激しいので水を十分に飲んでおくことが必要です。適当な水分補給により脱水による危険を避けられますし、血液がドロドロになってしまうのも予防し、血液の循環がとても良くなります。

そして全身の代謝レベルが高くなっていき体内から出すべきものがきちんと出せるようになることなど妊娠期の体の調子を維持するのに十分に水分を摂ることが欠かせません。

妊娠悪阻は目が覚めたばかりの胃に何もない時に気分が最悪になることもあります。

布団のそばにクッキーなど小腹を満たすものを用意しておき、起きてしまう前にチョット食べるならオエッと言う感じも減ります。

昼間もグーグーおなかが鳴らないよういつも軽く食べておくといいみたいです。

 

 

 

たとえば唐揚げや魚類は難しくてもサッパリ系やスッパ系は結構いけることが多いです。妊婦の青汁は大丈夫なものを選ぶべき